トップページ | 2006年3月 »

肩こりと、うどん

今日も肩こりで肩が重いです。

毎日サロン○スを貼っているので、少しは楽になってますが、

ちょっと腰にもきています。

まいは、20代の時に一度腰を痛めてます。

それから、冬になるとやっぱり痛みますね。

肩こりはもう、中学ぐらいからずっと悩まされています。

ところで、まいには兄がいます。

その兄が「お前はうどんばっかり食べてるから肩こりになるんだ。」

って言うんです。

???うどんで肩こりって・・・

なんでもうどんに入っている成分が肩こりを引き起こしているのだと言う。

まさかねぇ。

まいは麺類が大好き。

そう、兄に言われてからかは、意識していないが、

うどんが駄目なら、ラーメンだ!って事で、

いまはラーメン大好きです。

おいしいラーメン屋さんがあれば教えてね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

先生からの手紙

ずーっと前だったけど、クローゼットの隙間から一枚の封筒が出ているのに気がついた。

何の封筒だろう?

私は中身を読んだ。

それは小学校卒業の時に担任だった先生がくれた手紙だった。

捨てられずにずっと持っていた手紙。

そういえば結婚するときに自分の物を整理していた時に出てきた手紙だった。

捨てようかなって思ったけど出来ず、思い出の写真と共に持ってきた手紙・・・

優しかった先生。大好きだった先生。尊敬していた先生。

思い出がよみがえってくる。

手紙には、

小学校卒業おめでとう。

中学になっても、そのままのあなたでいてください。

あなたは、いつも笑ってましたね。

その笑顔が先生は好きでした。

学校のテストで悪い点を取っても次がんばるよ!って前向きでしたね。

中学で勉強が大変になったら、友達に聞きなさい。

あなたの周りには助けてくれる友達が必ずいるから先生は心配してないよ。

あなたは、花と動物が大好きでしたね。

きっと学校にある池の魚さん達、いつも来る鳥さん達、あなたがいなくなってさみしいって言うだろうね。

でも心配しないでね。先生がいるから。魚さん、鳥さんもだいしょうぶだよ。

これからいろいろなことをけいけんし、成長していくあなたを楽しみにしています。

今度会う時がきたら、かわっていないあなたをみたいです。

元気に笑っているあなたをみたいです。

こういう内容だった。

少し恥ずかしかったけど嬉しかった。

ここには「あなた」って書いかけど、本当は「○○ちゃん」ってなってる。

ああ、こう先生に呼ばれてたんだ・・・なんて、懐かしく思いました。

今先生、どうしてるんだろうな?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

強盗!

今、町内放送にて

「市内で強盗事件が、発生しました。

刃物を持った犯人がうろついていますのでなるべく外出は控えてください。」

と、アナウンスがあった。

ヒェーこんな田舎でも強盗事件があるなんて!

うーんである・・・

でもね、結構物騒なのよね。

まいがココに来たときは「なんて田舎だ」

って思ったけど、車上荒らしや泥棒の話が耐えなかったりするの。

おおーコワ!

皆さんも気を付けようね。

今日は軽く書きました。ほほっ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

おでん事件

こんなまいにもOL時代がある。

まいはビルメンテナンス業の会社に勤めていた。

そこでは経理をしていたの。

部屋は人事部と経理部の二つの部署があった。

ある日人事部で問題が起こった。

その問題とは

団地の清掃をしていた我が社のパート従業員が事件を起こしたのだ。

ある団地にて・・・

いつもの通りにパートさんは出勤し清掃の仕事をしていた。

ある階にてふと足が止まった。

いい匂いがしてきた。

思えばもぅお昼の時間。

あたりを見渡すと誰もいない。

「このいい匂いはどこから匂ってくるの?」

匂いの元を探すパート従業員。

そして彼女は匂い先を突き止めた。

ある部屋から漂ってくるいいー匂い。

彼女は思わずドアノブへ手をかけた。

すると、鍵がかかってなくすんなりと入る事に成功する。

あたりを見ても誰もイナイ・・・

彼女は「パクリ」食べてしまった!

そこにあった「おでん」を!!!

さー大変!

帰ってきた住人は怒り心頭!

当然会社に怒ってくる。

まず、警察ざたにならないように

被害を受けた方に謝罪し、

パート従業員に問い詰めた。

「なんで人の部屋に勝手に入っておでんを食べるの?」

「美味しそうだったから」

「で、食べちゃったの?」

「食べました。」

「だから、何で食べるの?」

「美味しそうだったから・・・」

こんな話聞いた事ない。

同じ部屋にいるまいはおかしくて、おかしくてたまらない。

でも、人事部としては一大事!

人事部のお偉いさん達が集まって、

何で食べたんだ?

どうして食べた?

何故そうなる?

真剣な顔をして話あってる。

その日は一日

おでん、おでん、おでん、おでん

想像しただけでおかしくて、面白くて

そんな人見たこともないし、聞いた事もない。

思いっきり笑いたかったけど、同じ部屋だから、笑うに笑えない。

でも人事部で、仲の良かった子が必死に笑いをこらえていたのを

まいは見逃さなかったのは言うまでもない。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

懐かしい話

昨日の話で一部の人からこのページはうんちくのページなの?

くりーむしちゅーの上田を越えたと言われました。

そんな、オーバーな・・・

ってことで今日は、まいの子供の時のエピソードをひとつ・・・

まいが小学生の時「口裂け女」ってのが流行った。

(あぁ、年がバレちゃうよ。)

「私、綺麗?」

「うん、綺麗だよ」

「これでも綺麗?」

そういうとマスクをはずした。

マスクの下の彼女の口は耳まで裂けていた。

ぎょえー!!って話。

有名よね。

この話は本当はとてもかわいそうな女の人の話なの。

あるところにとても綺麗な美人姉妹がいました。

姉はとても妹思いでした。

ある時妹は事故に遭い顔を怪我してしまいます。

姉はすぐに病院へ駆けつけました。

そこで姉が見たものは顔をグルグル巻きにされた妹でした。

事故が元で妹の顔は昔の顔ではなくなってしまった・・・

大きく裂けた口は耳まで達している・・・

姉はどうする事も出来ない・・・

妹は鏡を見た、何も言わない、何も聞かない、

そして妹は壊れてしまった。

普通病棟から、精神病棟へ

姉はだんだん壊れていく愛しい妹をただ見てるしかなかった。

しかし、姉は決して妹を一人にはしなかったのです。

そう、同じ道を歩む決心を、そして、妹の顔を見て、人として見てくれなくなった者への復讐を開始したのです。

姉は自ら口を裂き、妹と同じ顔になる道を選びました。

道行く人に声をかけ、その顔を見た者を必要以上に追いかけ回したのです。

彼女は警察に捕まり今は刑務所に入っているそうです。

これはあくまで作り話だと思います。

子供の時はこの話を聞いても正直言ってピンとはきませんでした。

今聞くと少しせつなく思います。

最後は警察に捕まった、いや捕まってない、道であったらどうしょう?

こわーい!なんて言ってました。

誰々ちゃんが見たらしいよ。追いかけられたんだって。なんて聞きましたしね。

もしあったら「ポマード」って叫ぶと逃げるよ。

とか、「べっこうあめを3つあげると許してくれるよ」

なんてものも、ありましたね。

その時はあったらどうしよう?って考えると怖くて仕方なかった。

友達同士で「口裂け女」の情報を言い合ったりしたのもです。

今となっては楽しい思い出ですがね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ギロチン

去年ドックショーへの道中に

えっ!っと思う看板をみた。

「ギロチン、鬼頭商店」

これはいったいなんの会社なのだろう・・・?

ギロチンって知ってます?

怖いけど死刑に使ったりするよね。

ギロチンについてちょっとお話を書きます。

この名前はギロチンを発明した人の名前からとって「ギロチン」と名づけられました。

あっという間に首を切り落とすのだから、死刑される人も苦しまずに済むだろう・・・

この考えが、死刑に使われるようになった理由です。

でも、ある一人の学者がその意見に真っ向から対立しました。

首を切り落とされてもしばらくは意識があると言うのです。

鶏じゃあるまいし、そんな事がある訳がない。

皆口々に彼を笑いものにしました。

だが、彼は挫けずギロチンを使うのは止めよう。

訴え続けました。

この運動が元で彼は逮捕されてしまいます。

しかしこれこそが彼の作戦だったのです。

彼は裁判官に言いました。「私を死刑にしてください。」

彼は望むままに死刑にされることになります。

死刑前日、彼は友人の学者に言いました。

「私の説を証明して欲しい。私の首が切り落とされたら、私の目を見てくれ。

もし、私が間違った事を考えていたならば、瞬きをすることも無く死ぬだろう。

しかし私が間違っていなければ、切り落とされてもなお、意識があり、目を瞬く事が出来るだろう。

身をもって証明したいのだ。私が切られて何秒意識があるかを、目が何回瞬くかを、見て欲しい。」

友人は断りました。それを証明したいがために自らの命を投げ出すのか・・・

友人は彼を説得しましたが、最後は彼の申し出を了承し、協力する事になります。

死刑の日彼はギロチンに頭を挟まれ、友人の顔を見、笑顔を友人に送りました。

ヒモが断ち切られ、刃が彼の首を切り落とします。

頭が地面に落ちました。

彼は・・・目を・・・瞬きました。

自らの説を証明する為だけに・・・

彼は7回瞬きをしたそうです。

彼の行動でギロチンを使用する国が無くなったそうです。

でも、今はどうなんでしょうね?

ギロチンを使っている国・・・あるんでしょうか?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

はじめまして。

こんにちわ、まいです。HPで「まいるーむ」を書きましたが、

なんと、これが結構評判がよかったのでそれではと思いブログにしてしまいました。

更新しないのって良く言われたのですが、ブログにしたら更新しやすいかなって

勝手な判断をしました。

(HP結構めんどくさいのよね。)

と、言うわけでコチラの方もよろしくね。

コメントいっぱい入れてくれるとうれしいな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

トップページ | 2006年3月 »