« はじめまして。 | トップページ | 懐かしい話 »

ギロチン

去年ドックショーへの道中に

えっ!っと思う看板をみた。

「ギロチン、鬼頭商店」

これはいったいなんの会社なのだろう・・・?

ギロチンって知ってます?

怖いけど死刑に使ったりするよね。

ギロチンについてちょっとお話を書きます。

この名前はギロチンを発明した人の名前からとって「ギロチン」と名づけられました。

あっという間に首を切り落とすのだから、死刑される人も苦しまずに済むだろう・・・

この考えが、死刑に使われるようになった理由です。

でも、ある一人の学者がその意見に真っ向から対立しました。

首を切り落とされてもしばらくは意識があると言うのです。

鶏じゃあるまいし、そんな事がある訳がない。

皆口々に彼を笑いものにしました。

だが、彼は挫けずギロチンを使うのは止めよう。

訴え続けました。

この運動が元で彼は逮捕されてしまいます。

しかしこれこそが彼の作戦だったのです。

彼は裁判官に言いました。「私を死刑にしてください。」

彼は望むままに死刑にされることになります。

死刑前日、彼は友人の学者に言いました。

「私の説を証明して欲しい。私の首が切り落とされたら、私の目を見てくれ。

もし、私が間違った事を考えていたならば、瞬きをすることも無く死ぬだろう。

しかし私が間違っていなければ、切り落とされてもなお、意識があり、目を瞬く事が出来るだろう。

身をもって証明したいのだ。私が切られて何秒意識があるかを、目が何回瞬くかを、見て欲しい。」

友人は断りました。それを証明したいがために自らの命を投げ出すのか・・・

友人は彼を説得しましたが、最後は彼の申し出を了承し、協力する事になります。

死刑の日彼はギロチンに頭を挟まれ、友人の顔を見、笑顔を友人に送りました。

ヒモが断ち切られ、刃が彼の首を切り落とします。

頭が地面に落ちました。

彼は・・・目を・・・瞬きました。

自らの説を証明する為だけに・・・

彼は7回瞬きをしたそうです。

彼の行動でギロチンを使用する国が無くなったそうです。

でも、今はどうなんでしょうね?

ギロチンを使っている国・・・あるんでしょうか?

|

« はじめまして。 | トップページ | 懐かしい話 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

わーい。
遊びにきてくれてありがとうございます。
この話を知ったときは彼は凄い人だと思いました。
こういう人ってなかなかいませんよね。
この世に生がある限り生きようとする力は本当に凄いと思います。

投稿: まい | 2006年2月16日 (木) 17時27分

こんにちは。
さっそく遊びに来ました(*^□^*)
ギロチンにそんなお話があったんですね。。。
命と引き換えに事実を証明した彼の勇気はすごいです。
本当に動物の生命力ってすごいですね(>_<)

投稿: ちぽ | 2006年2月16日 (木) 16時28分

ムカデは気を付けようね。
1匹見たらもう1匹近くにいますよ。
ムカデは夫婦で行動するんだって、
知ってました?

投稿: まい | 2006年2月15日 (水) 22時54分

ひょえ~~~っ!!
怖い話をよくまぁご存知で( ̄□ ̄;)!!
7回瞬きって…怖いですね(>_<)
でも家でちょくちょく出るムカデも
体がちぎれても動くらしいじゃないですか。
(人間とムカデを比べるな??)
動物の生命力って凄いですね。

投稿: NSPH | 2006年2月15日 (水) 19時38分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ギロチン:

« はじめまして。 | トップページ | 懐かしい話 »